赤ちゃんにはキララがおすすめ!ミルクは軟水で調乳しよう!

【赤ちゃんのミルクの調乳にはどんなお水が適しているのでしょうか?】

・硬水が良いのか。軟水が良いのか。

・ミネラルウォーターが良いのか。

 ・放射性物質は含まれていないだろうか。

 ・安全性が証明されたお水が欲しい。


子育て中のママが一度は考えたことのあるテーマかと思います。

 

赤ちゃんの栄養源でもある「ミルク」の調乳に、どんなお水を使うのかはとても重要ですよね。

幸いにも、日本はの水道水は蛇口から直接飲んでも問題がないほど、安全性、衛生面に優れていることで知られれいますので、今までずっと、水道水を煮沸させてから温度を調節し、ミルクを作っていた。という方もいらっしゃるかと思います。

でも、実際は、水道水には、赤ちゃんのミルクづくりに適したお水とは言い難い面もあるのです。

”水道水を使うのは危険だから絶対にやめた方がいい!”ということではありませんが、

決して「強くおすすすめすることはできない」というのが正直なところです。


その理由について、説明していきますね。

 

【ミルクの調乳には「軟水」を使うのがおすすめ!】

 

まずひとつめに、水の「硬度」(水の硬さ・柔らかさ)の問題があります。

カルシウムとマグネシウムが多く含まれていて、ミネラルが豊富な水 =硬度の高い水 となります。

ミネラルが豊富 =「ミネラルウォーターということなのだから、赤ちゃんに与えても良いのでは❓」

と、思われるかもしれませんが、赤ちゃんはまだ内臓が未発達のため、ミネラルの強いお水では上手に消化をすることができず、お腹を壊してしまいます。

ですので、ミルクの調乳には、赤ちゃんの内臓に負担をかけないためにミネラル分の少ない「軟水」が適していると言えます。

 

もう一つは、水道水に含まれる「塩素(カルキ)」です。

「安心・安全」であることが世界的にも有名な日本の水道水には、殺菌のため塩素が多く含まれています。

【塩素】ってなんだっけ・・・・?!と思われる方は、
プールの水を衛生的に保つための、あの消毒の匂いを思い浮かべてくださいね。

塩素によって、水の中の雑菌が取り除かれているのですが、
実は、塩素はトリハロメタンという発がん性物質も発生させています。

このトリハロメタンは、煮沸することで、飛ばすことができると言われています。

しかし、実際には、短時間の沸騰では、逆にトリハロメタンを濃縮させてしまうのです。

ですので、水道水を煮沸してミルクを調乳する際には、最低でも10分以上の煮沸が推奨されています。

 

しかし、現実的に考えてみてどうでしょうか❓

乳幼児の子育てをしているママ にとって、時間は喉から手が出るほど欲しいもの。

そして、お腹が空いて泣いている赤ちゃんを10分以上も待たせて、沸騰したお湯をまた調乳用に温度調節をして・・・

毎回そんなミルクの調乳をしていたら、ママの負担は増し、赤ちゃんの機嫌は悪くなる一方ですね。

そんなママにとって、ウォーターサーバーは心強い味方になってくれるはずです。


レバーをひねればいつでも温水を出せるので、すぐにミルクを調乳して赤ちゃんを笑顔にさせてあげることができますよ。

 

赤ちゃんのミルクの調乳に向いているウォーターサーバとしてオススメしたいのが、
元・フィギュアスケート選手の浅田真央さんがCMに起用されたことでも大きな話題を読んでいる

「Kirala(キララ)」です。




「Kirala(キララ)」硬度28㎎/ℓの「軟水」ですので、赤ちゃんのミルクづくりにはぴったりです。

ミルクを作る際には煮沸せずに使えるので、【時短】にもなりますね!

また、妊娠中や出産直後にも安心して飲用することができます。


【赤ちゃんの成長に欠かせないお水だからこそ、安全面と衛生面が大切。】

 

気になる安全性についてですが、1年に1回外部の検査機関にて、品質保証を受けており、もちろん放射能は検出されていません。

衛生面では、サーバーに搭載された「オートクリーンシステム」によって、24時間365日常に高い衛生状態が保たれています。

電気ポットややかんは、クエン酸洗浄などで定期的にお手入れをしないとカルキのあとが白くついてしまうのに比べて、「Kirala(キララ)はその手間が一切かからず、美味しいお水を飲むことができます。

 

【赤ちゃんには美味しくて安全なお水でスクスク育って欲しい】

何よりも強くそう願っている子育て中のママ。

また、出産を控えたプレママにも、「Kirala(キララ)」はおすすめです。

そして、赤ちゃんが大きくなってミルク作りが終わった後も、
離乳食づくりや、毎日のお料理、水分補給、熱中症対策など、
ウォーターサーバーは、日常の様々なシーンで、忙しいママを助けてくれます。


 

「Kirala(キララ)」を暮らしに取りいれて、日常生活をより豊かなものにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です