24時間365日 安全・衛生が保たれたお水を飲むには?

あなたのウォーターサーバーは、本当に安全ですか?

最近、ご自宅やオフィスに導入されていることが多くなってきたウォーターサーバー

いつでも、美味しいお水が飲めて、しかもお湯をすぐに出すこともできるため本当に便利で、一度使ったら手放せなくなりますね。


しかし、お金を払って質の高い水を届けてもらっているのに、その水がカビに汚染されているとしたらどうでしょうか?

 

 お水は毎日口にするものだからこそ・・・もしもカビに汚染されていたとしたら・・・本当に怖いですね。

 

ウォーターサーバーを導入する際に、【ウォーターサーバーの衛生面を常に管理することなんてできるのかな・・・ 常温で置きっぱなしなのにカビが映えたりはしないんだろうか】と気になって、導入を見送ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実際に、ウォーターサーバーにカビは発生するの?

 

では、実際に、カビはどのような条件で発生するのでしょうか?

梅雨時など、湿度と温度が高くなればなるほど、カビも生えやすくなるイメージがありますよね。

実はカビの元というのは、空気中に常に漂っています。
そして、条件が揃うと発生するのです。

  1. 室温が 10~35℃程度
  2. 湿度が 80%以上
  3. 酸素がある
  4. 有機物(埃・チリなど)がある。

の4つの条件で、カビは一気に発生しやすくなるようです。

例えば、梅雨の時期の室内は、室温25℃・湿度80%程度になりますので、まさにカビが好む状況ということになりますね。

そして、水がたっぷりあるところでは酸素がないので発生せず、湿めりきった空気の状態で時間が経つと発生することになります。

ウォーターサーバーの場合は、タンクの中にたっぷりとお水が入っていますし、埃やチリが入って行きづらいようになっています。また、冷水タンクが10℃未満。 温水タンクは80℃以上なので、カビが発生するリスクというのはあまりないと考えて良いと思います

 

ウォーターサーバーのカビを防ぐ方法

 

実は、ウォーターサーバーの構造上、タンクの中以外の部分で、カビの発生に気をつけてほしい箇所があります。

 

  1. 交換用のお水の差し替え部分
    (交換の際にこぼれた水をよく拭くこと
  2. お水の抽出口や、抽出の際にこぼれたお水の受け皿
    (濡れたままで放置をしないこと)

の2箇所です。

お手入れの仕方については、各メーカーによって違うかもしれませんが【常に余分な水分を拭き取って乾燥した状態をキープすること】が鉄則です。使い捨てのキッチンペーパーなど清潔な乾いたもので拭くようにしましょう。

また、ウォーターサーバーを置いてある周りも、ホコリなどがつかないようにお手入れしておきましょう。

 

キララの水が24時間365日、常に安全で衛生的な理由とは?




ウォーターサーバー 「kirala(キララ)」の場合は、【オートクリーンシステム】が1日1回、毎日、設定した時間に自動で作動します。


スマートサーバー内で水が触れる、温水タンク、冷水タンク、配管を、毎日、自動的に熱水循環させることで殺菌し、高い衛生状態が保たれています。


毎日、口にする天然水の安全と衛生を守るという点を、サーバー自身が24時間365日つねに考え続けるというシステムが搭載されているため、サーバー内にカビが発生するということは、限りなくゼロに近いでしょう。


キララがあれば、常に安心して、衛生的で美味しい水を飲むことができますね。


人間の体は約60%は水でできています。


美味しくて安全なのはもちろん、衛生面も安心できるお水を飲んで、健やかな日々を送りましょう!



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です