非加熱処理ってどういうメリットがあるの?

 非加熱処理ってどういうこと?メリットは?

 

ウォーターサーバーのお水の特徴として、よく聞く言葉の一つに「非加熱処理」というキーワードがあります。

「非加熱処理ってどういうこと?どんなメリットがあるの?加熱処理とはどう違うの?」

そんな疑問を、この記事で解決してくださいね。

 

 

 

ミネラルウォーターのパッケージには、良く、「○○の天然水」と採水地が名称に含まれていたり、成分表示にミネラル分が記載されていますよね。

ただ、原水をどのようにして殺菌したかに付いては、詳しくわからないことがほとんどです。

実は、コンビニエンスストアやスーパーなどで入手できる、国産ミネラルウォーターの場合、ほとんどが加熱殺菌をされた商品なのです。

普段、私たちが口にしている水道水も、必ず加熱殺菌がされています。

では、加熱殺菌とはどのような殺菌方法なのでしょうか?

加熱殺菌

食品衛生法の加熱殺菌の条件として「温度を85℃30分間加熱する」と規定されています。
日本で市販されている天然水のほとんどは、この方法で殺菌しています。

簡単な方法ですが、水に含まれる酸素や炭酸ガスが失わてしまい、豊富なミネラルは破壊されてしまうので、天然水が持つ本来の味ではなくなってしまいます。

 

メリット ○ 簡単・安全に殺菌できる

デメリット ❌ 加熱により美味しさやミネラル成分が失われる。

 

非加熱殺菌

加熱をしないため、ミネラルや美味しさそのままの天然水を楽しめるというのが最大のメリットです。

ただし、非加熱殺菌のミネラルウォーターを販売するには、採水したお水や、お水を詰める工場の設備が厳しい基準をクリアしている事が前提となります。

 



amadanaの天然水は非加熱処理でボトリングされているのでミネラルが豊富に含まれています。

また、安全な天然水をお届けするために放射性物質検査や微生物検査など水質チェックを行っているので安心です。

コスト面では、RO水(ろ過した水道水である場合が多いです)のウォーターサーバーよりも高くなりますが、その分ミネラルも豊富で味も美味しいことは確実です。

非加熱処理は厳しい基準をクリアした会社だけができる特別な技術です。

 

加熱処理のお水と・非加熱処理のお水。

やはりコストの面では、加熱処理のミネラルウォーターの方がリーズナブルですが、

美味しさやミネラル成分が損なわれていない非加熱処理のミネラルウォーターを選びたいですね。

 

お水は、私たちの体の60パーセントを占めています。

どんなお水を選ぶかで、日々のパフォーマンスや健康・美容面で大きな差がつくといってもおかしくないかもしれません。

amadanaの天然水で、心も体も豊かな日々を送りましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です