オシャレなamadana 肝心のお水の品質は?!

amadanaのお水はどんなお水なの?

インテリアの一部として部屋に置きたくなるような美しく洗練されたデザインのウォーターサーバー、amadana。

外見の美しさはもちろん、中身もそれ以上にこだわり抜いていることがわかりました!

この記事ではamadanaのお水の本当の素晴らしさをご紹介します。



amadana  美味しい水を追求した4つのこだわり

1 美味しさにこだわった結果 「非加熱処理」を採用

amadanaには 「非加熱処理」のお水が採用されています。

非加熱処理は加熱処理に比べて、生産管理が難しく、コストもかさみますが、お水本来の美味しさを追求するため、「非加熱処理」にこだわっているのです。

水の美味しさに重要な溶存酸素が「非加熱処理」では減少しないため、天然水本来の口当たりの良さ、まろやかさが、お水のおいしさを引き立てます。

 

その2 こだわり抜いた採水地は、3箇所あります。

①  富士吉田 世界遺産の富士山が生み出す、高品質の天然水

富士吉田の原水は、富士山麓の地下約200メートルにある「玄武岩地層」によって60年以上もの長い年月をかけてじっくりろ過された自然の恵みそのままの美味しさを持つナチュラルミネラルウォーターです。

天然水には4大ミネラル成分といわれるカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムが理想的なバランスで含まれており、その他にもバナジウムと亜鉛が溶け込んでいるのが特徴です。

②  南阿蘇日本名水百選・平成名水百選の地「熊本県 南阿蘇村」の天然水

熊本県南阿蘇村は阿蘇カルデラ南部に位置し、毎分60トンといわれる湧水が地底から吹き上げられている「水の里」として知られています。

南阿蘇のブナの森に降った雨は、地表を覆う厚いブナの葉土に貯えられ、長い年月をかけて地下に浸透します。

そして、南阿蘇の大自然が育む森林土壌のフィルターにより不純物が取り除かれ、自然ろ過された清らかな天然水です。

③ 金城島根の青い海と緑の大地が育んだ100%天然水

金城の天然水は炭酸水素イオン、シリカ、サルフェートを含有しているのが特徴です。
サルフェートとは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルと硫酸基が結合した硫酸塩のことです。

食べ物ではアーモンドもやブロッコリーなどにも含まれている成分で、温泉に含まれる成分の一つとしても知られています。

その3 栄養成分へのこだわり

水には種類があり、大きく「硬い水」と「軟らかい水」に分かれます。これは水の硬度と言われ、お水の中にカルシウムとマグネシウムが多く含まれると硬水となり、逆に少ないと軟水となります。

私たちの身近にある日本のお水はほとんどが軟水ですので日本人の体質に慣れ親しんだお水として人気があります。

amadananaのお水は軟水ですので硬水に比べるとなめらかで飲みやすく、素材の味を引き立ててくれるのでお茶や紅茶だけでなく、日本料理やお米を炊くのに最適なお水です。

また、「ミネラルウォーター類の品質ガイドライン」で定められている「ナチュラルミネラルウォーター」です。

RO水(ボトルドウォーター)など人工的にミネラルを添付したお水と違い、ナチュラルミネラルウォーターが一番自然な天然水と言えるでしょう。

 

その4 徹底した品質管理

徹底的な品質検査を実施

自然のミネラル成分が溶け込んだ上質な水にこだわって、4段階のフィルター除菌や無菌のクリーンルームでのボトリングが行われています。

 

ウォーターサーバー、amadanaのお水は、多くのこだわりによって実現した、理想的なお水なんですね!

公式サイトでは採水地の様子や、栄養成分についてより詳しく知ることができます。

ぜひ、チェクしてみてくださいね!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です