もしもの時にこそ…「うるのん」を備蓄しておくメリットとは?

もしもの時にこそ…「うるのん」を備蓄しておくメリットとは?

ウォーターサーバーを設置すると、普段から常に飲料水をストックしておくことが可能になります。

災害備蓄用のストックと、普段の飲み水を兼ねることができるので大変経済的です。

ペットボトルの水は買い出しも大変ですし、飲んだあとのゴミの処分に悩まされまずが、ウォーターサーバーの水は大容量なのでゴミを気にしなくて済みます。

 

追加のボトルも、Webから24時間、いつでも注文可能できますし、毎日使っていれば、賞味期限切れになる前に飲み切れますし、なくなった頃には次のボトルが届きますので、わざわざ買いに行く手間がありません。

 

災害などでガス、電気、水道などのライフラインが断たれると、復旧までにかかる期間はおよそ72時間かかると言われていますし、消防庁の災害時マニュアルでは「最低でも3日分の食糧やお水を備蓄しておくとよい」とされています。

人間が1日に必要なお水は「1日およそ3L」です。例えば4人家族の場合、4人×3L×3日分で合計36Lのお水が必要になります。

 

うるのんのウォーターボトルは、1本で12Lですので、4人家族の1日分の水に相当します。

災害時の水の備蓄は、4人家族でうるのんのウォーターボトルを3本用意しておくといいですね。


 

ウォーターサーバーの水を備蓄用にするメリット

ウォーターサーバーの水を備蓄用にしておくメリットをご紹介しますね。

 

お水の管理が楽

4人家族✖︎3日分のお水である36Lは、2Lのペットボトルに換算すると18本、500mlだと72本です。

かなりの量ですよね。

備蓄しておくスペースも必要ですし、賞味期限も気になります、

しかし、サーバーのお水なら 1本のボトルに入っている容量が、うるのんの場合は12L。

そのため、4人家族✖︎3日分のお水を備蓄する場合、36Lの場合、3本ですみます。

ペットボトルよりもお水の管理がとても楽になります。

 

常に新しいお水を備蓄しておける

 

ウォーターサーバーのお水は、定期的に配送されてくるため、常に十分な量のお水をキープしておくことができます。

当然ですがお水にも「賞味期限」があります。
賞味期限を気にして毎回スーパーなどで何十本のペットボトルを用意する手間が省けますね

 

災害にの時こそ、安心して飲めるお水を!

うるのんは、12Lの大容量ボトルを採用しているため、備蓄用にピッタリ。

さらに、停電時にもサーバーは水の給水可能なので、災害時にも利用していただくことができます。

うるのんのお水は徹底した品質管理が行われているため、安全性が非常高く保たれており、赤ちゃんや小さなお子さんでも安心して飲むことができます。

 

いつ起きるかわからない災害・・・ その時に、安全な飲料が確保できているということは、何よりも心強いのではないでしょうか?

災害対策にもウォーターサーバーを活用していきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です