高齢者のいるご家庭にはウォーターサーバーがおすすめ。

高齢者の方にとって、ガス火や電気ポットは危険の元!

高齢者の方のみで生活する世帯、もしくは高齢者の方とご同居なさっている方にとって、高齢者の方が一人で火(ガスコンロ等)と使うことや、電気ポットの吹きこぼれや空焚きなどは、とても心配ですよね。

コンロ等使用中の不注意による着衣着火で、毎年多くの方が亡くなっておりそのほとんどを高齢者が占めています。

加齢による白内障などによって、ガスコンロの青い炎が見えにくくなってしまうのが原因の一つだそうです。

そういった高齢者のことを考えると、火を使わずにいつでも温かいお湯を使えるウォーターサーバーは、リスクの軽減という意味で非常に大きな役割を担ってくれますね。

 

火やコンロを使わずにいつでも温かいお湯が使えるというウォーターサーバー。

高齢者のことを考えると、これは非常に大きなメリットと言えます。

リビングや居間に設置してしまえば、いちいち台所へ移動するという足腰への負担も軽減できますしね。

高齢者の方は、お水が切れたからといって、すぐに補充に行けるとは限りません。

ほとんどのウォーターサーバーは、お水の配達を定期的に行っています。
もし急に足りなくなったとしても、電話一本ですぐに対応してくれますよ!




配達員が定期的に訪問するため、高齢者の安否確認にも繋がる!

 

核家族化が進み、高齢者だけの世帯もかなり増えて来ました。

そういったお年寄りのご家庭ですと、ウォーターサーバーのように定期的に誰かが来てくれるということが、安否確認にもつながります。

2週間に1度程度の配達でも、ガスや水道、電気の検針などよりも家を訪ねる機会は多いですので、異変に気づきやすいというメリットもあります。

念のため、担当者に緊急連絡先も知らせておくとより安心ですね。

高齢者の方は、若い方に比べて運動量が少なく、水分をあまり撮らずに過ごしてしまいがちですが、そうすると、熱中症などのリスクが高まってしまうため、こまめな水分補給が必ず必要になります。

冷蔵庫で冷やしたような、冷たいお水は、体を冷やしますので、健康的にはあまりよくありません。

ウォーターサーバーのお水は、冷たいお水ではなく、人にとっての適温になっていますので、適切に水分補給をすることができます。

そんな時にも、やはりウォーターサーバーは便利ですよね。

単なる水分補給としてだけではなく、ウォーターサーバーがあることで、火事ややけどなどのリスクが減り、お水の配送業者の方が定期的に家まで来てくれることは、安否確認を兼ねることもあります。

 

ウォーターサーバーというと、子育てをされているご家庭や、お水をゴクゴク飲む若い年代の方が家庭で日常的に利用するもの、というイメージがあるかもしれませんが、高齢者の方にこそ、ウォーターサーバーは取り入れてほしいアイテムの一つなのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です