一家に一台は当たり前になる?!家庭にウォーターサーバーがあるメリット

”水”の大切さを意識してみましょう。

人間が生きていくためには水分が必要です。

”生命を維持する”と言うことを考えた時、どうしても、栄養を摂取すること(食事を摂ること)を意識してしまいますが、水分を摂ることはそれ以上に大切なことですよね。

数年前、北海道の山中で、幼い男の子が行方不明になってしまうとできごとがありました。

その時、食料が全くない中で、その子は”水”を飲んで過ごしていたということが発覚した時、私は改めて「水」の大切さ、ありがたさを感じました。

ウォーターサーバーを暮らしに取り入れることのメリットとは

数年前から登場したウォーターサーバーは、少し前まではオフィスや病院等の人が多く集まる場所に置いてあるのが当たり前、というようなイメージであまり家庭に置くという感じではありませんでしたが、東日本大震災以降、食や飲料水への不安が増していく中で、急激に需要が高まり、身近な存在になりました。

ウォーターサーバーのメリットは数多くありますし、今までデメリットとして消費者が感じていた点をカバーする新たなウォーターサーバーも続々と登場しています。

メリットとしては、重い水を買って運ばなくても良いことや、お湯を沸かす手間が省けること。品質管理検査が徹底されている、安全・安心な美味しいお水を手軽に飲めることもそうですね。

デメリットとしては、ウォーターサーバーは、電気代がかかること、天然水は品質のレベルも高いぶん、お水の値段も、市販のミネラルウォーターと比べると割高になってしまうことなどでしょうか。

しかし、そんなデメリットも解決してくれるウォーターサーバーもありますので、ご紹介しますね。

 

リーズナブルに美味しいお水「うるのん」

リーズナブルにウォーターサーバーを楽しみたいならRO水の「やわらか水」1,385円。

美味しくて人気なのは天然水「さらり」で1,900円となっています。

ペットボトルのミネラルウォーターを買うより安いので、飲み水だけでなくお料理にも気軽に使えますね。

詳しい料金体系はこちらです(うるのん公式サイトより引用しました)

うるのん価格表

 

うるのんはスタンダードサーバーの電気代が月々390円前後、「グランデ」の電気代が月々570円前後と省エネです!

ウォーターサーバーは常に電源が入った状態で使用しますので、ある程度の電気代がかかってしまいます。

うるのんは、つけっぱなしの状態でも月々390円前後(または570円)に抑えられるため、家計に優しいウォーターサーバーなんです。

エコタイプではないウォーターサーバーの電気代は平均して800~1000円前後のものが多いため、390円前後という金額はおよそ半額になります。



ウォーターサーバーを暮らしに取り入れると、改めて水の重要性を感じることができるようになります。

他の記事でも様々なウォーターサーバーを紹介していきますので自分に最適な1台をみつけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です