”天然水”の定義とは?違いを見極められるようになろう

理想のお水は、【天然水】

天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーのお水を選ぶ時に、リーズナブルな RO水を選ぶべきか、それとも、多少値段が貼っても天然水を選ぶかで、迷われる方も多いと思います。

そもそも、天然水と RO水はどのように違うのでしょうか?

天然水とは

天然水とは、ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外の処理を行っていない、特定水源より採水された地下水のことをいいます。

天然水だからと言って、自然豊かな採水地からそのまますくってきたお水、ということではなく、

採水後にきちんと、安全に飲めるようにろ過・加熱殺菌等の処理を行い、不純物を排除しています。

天然水の採水地は体に良い成分が含まれた水質の良い地域が厳選されています。

また、自然によって何百年もかけてろ過された水なので、自然そのものの「美しい水」といえます。

添加物ではなく天然のミネラルを含んだ「おいしい水」であることが【天然水】最大の魅力です。

RO水とは

RO水とは採取した水にRO膜処理を施した水のことをいいます。

RO(Reverse Osmosis)膜とは逆浸透膜ともいい0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターです。
このフィルターを通して不純物を除去し製造されたのがRO水です。

RO水は間違いなく「きれいな水」ですが、限りなく純水に近い状態になりますので、湯冷ましのような感じで決しておいしいとはいえません。
そのため、人工的にミネラル分を添加して販売されることが多いようです。

採水地が特定されておらず、人工的につくることができるため低価格のものが多いです。

どちらがいいの?

どちらも安全に飲めるよう製造されていますので安心してくださいね。

味にはこだわらず、徹底的に不純物を取り除いたものがいいという方はRO水。

添加物ではなく天然のミネラルを含んだ「おいしい水」が飲みたいという方は天然水をおススメします。

 

ハイグレードな天然水を求めている方に一押しなのは、浅田真央さんでおなじみの「kirala(キララ)」です。



採水地は、富士山麓! なんと、ウォーターサーバーの中で最も標高の高い場所に採水地があるのです。


アスリートとして、また一人女性として、常に健康的な美しさを保ち続けている浅田真央さんが、実際に富士山麓の採水地に趣き、その素晴らしさを認めたお墨付きの天然水です。

健康・美容のサポート成分として知られるシリカとバナジウムをたっぷり含んでいるため健康・美容への意識の高い方にこそ、おすすめですよ。

また、オプション機能として、炭酸水が飲める機能がありますので、ご自宅で出来立ての炭酸水が作れます。お酒が好きな方にもおすすめですし、炭酸水自体にも、デトックスなど嬉しい効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です