自分のライフスタイルに合った最適なウォーターサーバー選びをしよう

ウォーターサーバー選びでまず基準にしたいことは?

【ウォーターサーバー】と一言で言っても、今は多くのメーカーから様々な製品販売されています。

全く知識のない、ウォーターサーバー初心者は、どれを選んだらいいのかわからない・・・と思ってしまいますよね。

ショッピングモールなどで展示販売が行われているのも良く見かけますが、やはり、様々な違いが良くわからない。

そんな理由から、ウォーターサーバーに興味があっても、設置をする決断には至らない・・・

しかし、2011年に発生した東日本大震災と原発事故により、多くの人々が、ウォーターサーバーに関心を持つようになりました。

地震などの災害や台風・豪雨などの異常気象が発生した時のために、水や食料を買いだめして置く、ということは今までもありましたが、2011年の場合には原発事故という深刻な不安がありました。

不安に駆られた人々が水や食料の確保に必死にな理、スーパーの陳列棚がガラガラになってしまうという事態も発生しました。

この時に、[ 普段から安全な水を備蓄しておこう ]と意識した方も多くいらっしゃると思います。私もその一人でした。

ウォーターサーバーについては、インターネットで情報収集をしようとしても、数が多すぎて何を基準に選んでいいのか、余計悩んでしまいますよね。

そんな時には、まず、お水の種類を意識して選んでみて欲しいと思います。

ウォーターサーバーのボトルに入ってる水には天然水とRO水の2種類があります。

天然水はその名前の通り、地下から汲み上げた水を原水にして、天然のミネラルをそのままボドリングした水です。

RO水というのは、河川の水などをフィルターで濾過して、ミネラル成分は後から配合された水です。

なので、やはり、天然水の方が値段も高くなりますし、リーズナブルさを求める方はRO水がおすすめです。

 

お水が選べて、料金もリーズナブルで維持費も安いウォーターサーバーを選ぼう

 

ウォーターサーバーの【うるのん】は、天然水と、 RO水を、ご自身のお好みや予算に応じて選ぶことができます。

リーズナブルにウォーターサーバーを楽しみたいならRO水の「やわらか水」1,385円。

美味しくて人気なのは天然水「さらり」で1,900円となっています。

ウォーターサーバーは常に電源が入った状態で使用しますので、ある程度の電気代がかかってしまいますが、うるのんは、つけっぱなしの状態でも月々390円前後(または570円)に抑えられるため、家計に優しいウォーターサーバーなんです。ウォーターサーバーの電気代は平均して800~1000円前後のものが多いため、390円前後という金額はおよそ半額になります。

①お水は「天然水」と「RO水」から選べる

②お水の値段が安い!

③サーバーが省エネタイプである

以上の3点は、他のメーカーにはないうるのんのメリットです。

ウォーターサーバーが素晴らしいものだと知っていても、やはり「維持費」が一番気になるところですよね。

維持費は毎月必ずかかってくるものなので、ここがリーズナブルに抑えられるのは嬉しいですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です